JAPANESE
FEMALE
/HARD ROCK
/HEAVY METAL
/PROGRESSIVE ROCK
VOCALIST
COLLECTION

X〜X-JAPAN

VANISHING VISION
1.DEAR LOSER
2.VANISHING LOVE
3.PHANTOM OF GUILT   
4.SADISTIC DESIRE
5.GIVE ME THE PLEASURE
6.I'LL KILL YOU
7.ALIVE
8.KURENAI
9.UN-FINISHED...
 管理人がこれを買ったのは、CD化されてすぐの頃。CD化されてからの発売日の次の日にレコード屋駆け込んだら売り切れ。ガッカリしていたら、レンタル屋に置いてあったので速攻でレンタルした。その後程なくして無事購入。当時はVoの声質にどうしても馴染めなかったが(女性Voが好きだった故)、これで男性Voのメタルの耐性をつけたといっても過言ではない。といいつつガスタンクとかヴェノムとかはコレより先に聴いていて平気だった管理人‥‥
 2、6,8といったメロスピ、スラッシュチューンに熱くなっていた若かりし頃を思い出す。


KURENAI
〈Original Japanese Version〉
1.KURENAI 〈Original Japanese Version〉
 ロクfの付録ソノシート。イントロがギターではなくピアノで、歌詞が英語と日本語の混成。非常に違和感があるが、これはこれで良いと思う。プレミア価格で買いました。


BLUE BLOOD
1.PROLOGUE(〜WORLD ANTHEM)
2.BLUE BLOOD
3.WEEK END
4.EASY FIGHT RAMBLING
5.X
6.ENDLESS RAIN
7.紅
8.XCLAMATION 
9.オルガスム  
10.CELEBRATION  
11.ROSE OF PAIN  
12.UNFINISHED
 当然、管理人はコレを最初に聴いた。東のX、西のテラ・ローザという認識だった。女性Voのジャパメタ好きの管理人としてはテラ・ローザに軍配が上がっていたが、このアルバムの曲のクオリティは認めざるを得ないという複雑な心境であった(笑)。色モノとしてテレビに出演していて、馬鹿馬鹿しいルックスとパフォーマンスに痺れていた18の日々が蘇る‥‥


JEALOUSY
1.Es Durのピアノ線
2.Silent Jealousy
3.Miscast
4.Deperate Angel
5.White Wind From Mr.Martin 〜Pata’s Nap〜  
6.Voiceless Screaming  
7.Stab Me In The Back  
8.Love Replica  
9.Joker  
10.Say Anything
 死ぬほど待ったアルバム。しかしラジオにて曲は殆どオンエアされ、アルバムを買ったときには感動が薄かった。つか、インスト曲が3曲あるから、実質7曲のアルバムなんだよね。大作も入ってないし。当時は、現在のようにアルバムに10何曲も入っていない時代だったけど(前作はそうとう収録時間が長いアルバムとされていた)、やはりもの足り無さを感じたのは事実。もう1曲、決めの曲が欲しかったな。それがART OF LIFEなんだろうけど。


ART OF LIFE
1.ART OF LIFE
 これもやはり発売日に買った。この頃になると正直飽きてきたのも事実。しかし、帰りの電車の中ウォークマンで聴きながら痺れました。Voには満足出来なかったけど、やっぱり曲は良いですなぁ。中間のピアノ・パートはいらないって意見もあるけど、これはこれで演奏としては良い演奏だとは思うし。ピアノ・パートを一分程度にしていたら、もっとまとまりの良い曲になっていたとは思うけど。人の意見聞きそうにないし。そういう性格も見えてくるアルバムだよね。もちろんナルシシズムが最も先に見えるんだけど。それも含めてXだし。


DAHLIA
1.DAHLIA
2.SCARS
3.Longing 〜跡切れたmelody〜
4.Rusty Nail
5.White Poem I
6.CRUCIFY MY LOVE
7.Tears
8.WRIGGLE
9.DRAIN
10.Forever Love Acoustic Version
 久々のフル・アルバム。とは云っても既出曲が6曲も占め、全く新鮮な気持ちで聴けないアルバム。YOSHIKIという人は、そうとう音や演奏にはうるさかったみたいだけど、その結果がコレならば、あまり拘る必要は無かったのでは?各プレイヤーの持ち味や長所を付け足す足し算的な曲の生み出し方ではなく、各プレイヤーの個性を認めず、自分の理想のみを具現化する為のレコーディングでは、レコーディング段階で曲は死んでしまうだろうな。クラシック界では初めに存在している曲をどういう解釈で演奏するかという解釈によってその演奏が名演奏か、または駄演奏なのか決まるというが、YOSHIKIの考え方では既にバンドでは無いなぁ。X-JAPANというバンドはYOSHIKIのソロ・プロジェクトだよね。


X SINGLES
1.紅
2.20th CENTURY BOY(ライヴ・テイク) 3.ENDLESS RAIN
4.X(ライヴ・バージョン)
5.WEEK END
6.ENDLESS RAIN(ライヴ・バージョン) 7.Silent Jealousy
8.Sadistic Desire
9.Standing Sex
10.JOKER
11.Say Anything
12.Silent Jealousy(ライヴ・バージョン)
 そのまんまシングル・ベスト。シングル買う金が無かった管理人としては、ありがたかった。結構、後になって買ったんだけど。紅の最初の観客の声とかいらないと思うんだけど。9曲目もJEALOUSYから漏れたんだっけ。
 Xというバンドの曲は、起承転結がありすぎてクドイと思う。5曲目はシングルで聴いたとき、唖然とした。BLUE BLOODでの最初のバージョンが良かったな。


X
破滅に向かって(CD EDITION)
<Disc 1>
1.World Anthem(S.E.)
2.Silent Jealousy
3.Sadistic Desire
4.Desperate Angel
5.Standing Sex
6.Week End
7.Drum Solo
8.HIDEの部屋
9.Voiceless Screaming 
<Disc 2>
1.Piano Solo〜 
2.Es Durのピアノ線 
3.Unfinished
4.Celebration
5.オルガスム
6.紅
7.Joker
8.X
9.Endless Rain
 1992年1月5日〜7日までの3日間の東京ドームでの3daysコンサート最終日の模様を収録した2枚組ライヴ・アルバム。これは映像の方も出ていると思うんだけど(うろ覚え)、音だけ楽しむというライヴじゃないよね。パフォーマンスの部分は削って欲しかった。<Disc 2>の5とか、長いもん。


ART OF LIFE LIVE
1.Art of life
 1993年の東京ドームでの過去一度のみ演奏されたライヴ盤。ピアノ・パートがいまいちだと感じた。しかし、よくやってくれた。ギター二本だと厳しい部分もあるね。

YOSHIKI→V2
TOSHI→TOSHI
宇高光→地雷神、MEPHISTOPHELESERASER HEAD魚雷
TAIJI→トラッシュ
ディメンシアプローラーFATIMAデッド・ワイアーLOUDNESSDIRTY TRASH ROAD


home

当サイトはリンクフリーです。
トップページへのリンクは無断でご自由にどうぞ。
事前・事後の連絡は特に必要ありません。
詳しくはインフォメーションを参照して下さい。

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス