JAPANESE
FEMALE
/HARD ROCK
/HEAVY METAL
/PROGRESSIVE ROCK
VOCALIST
COLLECTION

SHOW-YA

素敵にダンシング
A-1.素敵にダンシング-Coke Is It-
A-1.Au Revoir
 SHOW-YAのデビュー・両A面シングル。素敵にダンシングはコカ・コーラの曲で、どうってことないつまらない曲だが、Au Revoirは初期SHOW-YAのスピード・チューンでこういう曲を演りたいんだなという意気込みが伝わってくる。


MASQUERADE
SHOW
1.Touch Down
2.Mado(マドゥー)
3.タ−ロン・オブ・キング(爪王)
4.Au Revoir
5.Mind Collection
6.Actor
7.Touch Me
8.Masquerade
9.Hurry Up
 アイドル・ロック・グループSHOW-YAのデビュー・アルバム。まだ耳を惹くような曲はない中で、3曲目はマンドレイク・ルートから出たHELLENのカバー。様式美タッチバリバリのカラオケにも入っている隠れた名曲。この曲だけが浮いているような・・・


QUEENDOM
A-1.Broken My Heart
2.Mr.J
3.In The Night
4.シークレット
5.時を越えて…
B-1.しどけなくエモーション
2.Again
3.サイレント ヴィジョン
4.Fire
5.I Can Tell You
 ファ−ストに比べて曲が分かりやすいセカンド。音はショボいが、しょせんアイドル・ロック・グループなんで別にいいや。このアルバムでの寺田恵子の歌いっぷりは好き。


WAYS
A-1.Shot
2.Blow Away
3.S・T・O・P(I Can't…)
4.Get Up Higher
5.Over Now
B-1.One Way Heart
2.Townscape
3.?クエスチョン
4.Fairy(フェアリー)
5.Everybody Someday
 かなり聴けるアルバム。A-1、B-1もいいが、B-4曲目はかなりの名曲。ここに歌謡曲とヘヴィメタルは見事に融合した。エックスの紅よりも約2年早く完成していた。…ってほめ過ぎ?A-1曲目にSHOW-YAらしさを感じる。


TRADE LAST
A-1.雨のナイフ
2.もうフレンドはいらない
3.ヴィスコンティの肖像
4.その後で殺したい
5.サーモスタットの瞳
B-1.ナルシスト
2.夜が来るまで眠りたい
3."Shitagokoro"が止まらない
4.躁鬱なバレリーナ
5.地下水道の月
 SHOW-YAの中でも1、2を争ううんこアルバム。よってほとんど聴いていない。やっぱり歌謡曲に寄りすぎるとイカンですよ。


IMMIGRATION
A-1.誰もわからなくていい〜時の罠〜
2.水の中の逃亡者 U.S.A.バージョン
3.Free Birds
4.嘘だと言ってよMoon Light
5.3度目のクリスマス
B-1.孤独のラビリンス
2.Origination〜
3.That Was Then,This Is Now
4.Be Quiet!!
5.2000マイルの恋
 TRADE LASTよりもロックよりに作られたアルバム。それにしてもこういうブスな方々が、たとえロックとはいえどもアイドルだったんだから恐い。まあブスな方が音はホンモノっぽい気がするから、ある意味良かったかも。悪くはないが自分の道を探している最中といった印象。


TURN OVER
1.S・T・O・P(I Can't…)
2.水の中の逃亡者
3.しとげなくエモーション
4.Mr.J
5.Origination〜
6.孤独の迷路
7.FAIRY
8.HURRY UP
9.ONE WAY HEART
10.YOU TURN ME PVERR
11.時を超えて
12.その後で殺したい
13.ナルシスト
 ライヴ・アルバム。曲が良いから、楽しい。演奏面やVoはイマイチかな。しかしSHOW-YAとしては出来が良い方ではないかな。ナルシストがライヴでは結構映える曲に生まれ変わっていた。


GLAMOUR
A-1.I Gotta Your Love
2.The Wind
3.愛さずにいられない-Still Be Hangin' On
4.Come On!
5.抱かれたまま
B-1.Keep Me In Your Heart
2.Rock Train
3.フィクサー
4.夜のせいじゃない
5.限りなくはるかな自由へ〜Go Again〜
 とりあえずここでSHOW-YAは最もSHOW-YAらしいアルバムを完成させることに成功する。この時代、こういう曲達って多かった。A-1曲目は定石通りスピードチューンでかなり好きだった。B-4曲目はメロディが素晴らしい。個人的にはSHOW-YAを聴くにはこのアルバムからだと思う次第。


L.A.LIVE 1988.4.27 100LIVE Vol.1
A-1.You Turn Me Over 〜 Whole Lot Of Rosie 〜 Train Kept A Rollin' (Medley)
2.At The Roxy Theatre(L.A.LIVE)
 SHOW-YAによるL.A.LIVE。GLAMOURに付いていたオマケだったと思う。コレクターズ・アイテムかな。


OUTERLIMITS
1.Out Of Limits
2.Look At Me!
3.限界Lovers
4.Trouble
5.野性の薔薇
6.祈り
7.戒厳令の街-Cry For The Freedom-
8.Bad Boys
9.私は嵐
10.Paranoia Paradise
11.Battle Express
 前作に比べ、よりハードになったアルバム。ギターが全面に出ているからか。SHOU-YAにしてはハードすぎて何か違和感がある。不自然。しかし、この頃のガールズロックバンドとは一線を引かれていてハードになったのは正解だとも思える。4、9曲目は世間にもヒットした。


HARD WAY
1.Metallic Woman
2.Life Is Dancing
3.Switch Blade St.
4.魔性
5.何故
6.Make Up-どうにかしてよ-
7.ギャンブリング
8.Blue Rose Blues
9.Way You Rock Me
10.うちにかえろう
11.叫び
 ここまでメタルをやってくれているんだけど、な〜んか美味しくないのは何故?この後このバンドがどうなったのかよくは知らないが、とりあえずヴォーカルは抜けソロとなり、バンドサイドはステファニー(映画うる星やつらのあのヒト)を迎える。んで98年にあえなく解散。…だったと思う。


HARD WAY TOUR 1991
1.METALIC WOMAN
2.LIFE IS DANCING
3.私は嵐
4.BLUE ROSE BLUES
5.何故
6.Keyboard Solo〜BATTLE EXPRESS〜魔性
7.MAKE IT UP〜どうかしてよ
8.LOOK AT ME!
9.Fairy
10.ギャンブリング
11.限界LOVERS
 この時代のSHOW-YAのベスト的選曲のライヴ。ちょっとVoの声が枯れているのが気になってしまった。


TOUCH THE SUN
1.Echo Thru The Night
2.Little Miss Dangerous
3.Who Are You?
4.Dream
5.Don't Wanna Talk About It
6.Somebody
7.Show-ya Rock
8.Touch The Sun
 95年5月。ステファニー・ボージェスをVoに迎えてリリースされたアルバム。この加入以前にも寺田脱退後北朝鮮ライヴにてVoを務めたことがあった。因みに喜屋武マリーもSHOW-YAのVoを務めたこともあった。


THIS MY WAY
1.Blowin' You Tonight
2.Let It Go
3.This My Way
4.Crazy Eye
5.How Come…
6.Sunshine
 96年、新Vo.YOSHINO、オーディションにてSHOW-YAに加入。98年に発表されたアルバム。タイトルどおり、ヴォーカリストが変わっても微塵も変わりがないSHOW-YAサウンドを良くも悪くも聴かせてくれる。ただヴォーカル・メロディが美味しくないんだよね。


GOLDEN BEST
1.私は嵐
2.限界LOVERS
3.叫び
4.奪いとれ
5.愛さずにいられない
6.ONE WAY HEART
7.TOUCH ME
8.しどけなくエモーション
9.素敵にダンシング
10.水の中の逃亡者
11.LOVE SICK
12.夜が来るまで眠りたい
13.フェルマータ
14.孤独の迷路(ラビリンス)
15.愛のFRUSTRATION
16.嘘だと言ってよMoon Light
17.GET DOWN
18.その後で殺したい
 GOLDEN BESTと云いつつ、内容はシングルを集めたアルバム。シングルはスルーしていた管理人にとってこのアルバムは非常にありがたかった。4、11、15は初めて聴いたシングルカップリング(B面)曲の中でも好みである。4はこの頃のSHOW-YAの曲調を寄せ集めた曲っぽく聴こえた。SHOW-YAの他の様々な曲に似ているんだもん。好きだけど、B面だよなぁ、やっぱり。マスト・アイテムでしょう、このCD。


BURAI-PROTOTYPE
1.プロローグ〜一触即発!
2.群衆の中の孤独
3.SOLDIER LOVE
4.DOWN YOUR WAY/相沢有紀
5.傷だらけの咆哮
6.THE SEAT OF WAR
7.LAVENDER
8.遙かなるFIELD
9.運命の向こう側
10.PRISONER OF LOVE/相沢有紀
 どうやらパソコン・ゲームのサントラの様だ。作曲は全てSHOW-YAメンバーによる。二度は聴かないコレクターズ・アイテムかな。

寺田 恵子→寺田 恵子
STEFFANIE→STEFFANIE


home

当サイトはリンクフリーです。
トップページへのリンクは無断でご自由にどうぞ。
事前・事後の連絡は特に必要ありません。
詳しくはインフォメーションを参照して下さい。

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス